SCD・MSAリハビリのツボ

在宅リハビリテーションアドバイス

言語聴覚療法編

発声や発音の障害のあるSCD・MSA患者さんのために、言語機能の維持向上に関する、在宅で可能なリハビリテーション方法を言語聴覚士の方が解説します。

ご自身の目的に応じた練習動作のステップを選択してください。
各ステップのボタンを押すと、関連した一連の練習をまとめて閲覧することができます。


ステップ 1/準備
  • 発声練習
  • 発声のための準備運動
ステップ 2/基礎
  • 抑揚の練習
  • 促音(詰まる音を中心に)
  • リズム
  • 実際の音の練習
ステップ 3/応用
  • 電話の時の話し方
  • 文で話す練習
  • コミュニケーション機器について
  • 食事の形態について

※インターネットエクスプローラーをご使用の方へ
「全ての動画を再生する」ときに全画面表示で視聴される場合は、全画面表示が次の動画に切り替わりません。お手数をおかけしますが、キーボードの「Escキー」を押して全画面表示を終了させていただきますようお願いいたします。

ステップ 1/臥位

  • 発声練習
  • 発声のための準備運動

ステップ 2/座位

  • 抑揚の練習
  • 促音(詰まる音を中心に)
  • リズム
  • 実際の音の練習

ステップ 3/道具使用

  • 電話の時の話し方
  • 文で話す練習
コミュニケーション機器について 食事の形態について
関連資料ダウンロード
リズム(PDFファイル 375KB)
促音(詰まる音を中心に)(PDFファイル 384KB)
抑揚の練習(PDFファイル 316KB)
食事の形態について(PDFファイル 799KB)
コミュニケーション機器について(PDFファイル 903KB)

Adobe Readerをダウンロード

このコンテンツの閲覧には Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は、左のボタンよりダウンロードして下さい。